身長伸ばす秘密兵器|子供も大人も悩める悩み

サプリメント

必ず確認したい2つの項目

女性

定期的な健康診断の重要性

定期的な健康診断の重要性が指摘されています。定期的に体を調べることで、自分自身でも気が付いていなかった病気の早期治療が可能となります。病気の中には自覚症状がまったくないものもあり、肝臓の病気がその代表例です。沈黙の臓器と言われている肝臓は、機能が悪化しても自覚症状がありません。肝臓は非常に重要な機能を担っているため、気が付いた時には全身の健康が損なわれているケースが多く見受けられます。そのため、定期検診により、必ず肝臓の数値を把握しておくことが重要です。肝臓の定期検診を受けた後は、2つの数値を必ず確認しましょう。その数値とは、ALTとASTです。どちらも肝臓を知る上で非常に重要な数値であるため、数値の内容と基準値を把握しておきましょう。

何を意味しているのか

肝臓を知る上で欠かせない数値が、ALTとASTです。この2つは肝細胞で機能している酵素を指します。酵素は、栄養をエネルギーに変換するために必要不可欠な存在です。肝臓は常に栄養をエネルギーに変換しており、正常な状態であればALTとASTも正常に機能しています。しかし、何かしらの理由により肝細胞が傷付いた場合には、ALTとASTは血液中に流れ出します。健康診断でのALTとASTの数値は、血液中に流れ出ている数値を示しています。この数値が高いほど、血液中にALTとASTが流れ出ている状態です。多くのALTとASTが流れ出ているということは、肝細胞がそれだけ傷付いていることを意味します。健康診断の数値が30IU/L以下であれば、問題はありません。しかし、50IU/L以上であれば、脂肪肝などの障害が起きている可能性があります。また、100IU/L以上であればウィルス性肝炎や肝硬変の疑いがあります。30IU/L以上であれば、すぐに病院で診察してもらうことが重要です。